クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

仕訳入力業務で疲弊しているあなたへ ALL-INで仕訳業務を時短し、あなたの時間を作る方法

100のこと素材.001

「またこの仕訳を打つのか、、、」

「何度も何度も同じような作業を繰り返している、、、」

普段、経理業務を行っていて、このようなことは思いませんか?

 

このような単調は作業はとても大変だし、

どうにかして効率化したいですよね?

 

もし、あなたが

同じような仕訳を繰り返していて効率化したい!と思うのであれば

これからお伝えする内容はとてもお力になれます。

それでは、ALL-INを使って仕訳入力業務を

効率化してあなたの時間を増やす方法をお伝えします。

 

伝票テンプレート機能

毎月同じ内容の経費を処理するケースがよくあると思います。

 

経費計上は、会計 > 仕訳帳 > 2016-08-07_21h31_39新規作成ボタン から仕訳を直接入力します。

 

その際に仕訳画面をテンプレートとして保存しておくと、

次回以降それを呼び出して簡単に入力&登録ができるのでご紹介します。

 

保存の方法は以下の通り、仕訳入力後に右下の

「テンプレート保存」にチェックを入れて保存します。

 2016-08-07_21h28_13

呼び出すときは、新規作成画面の上の伝票テンプレート欄から

登録済みのテンプレートを呼び出すだけです。

 2016-08-07_21h35_11

 

 

ALL-INを有効活用してあなたの時間を作りましょう

いかがでしたか?

このように単調な仕訳業務は

ALL-INの伝票テンプレート機能でラクに仕分けできます。

 

ちりも積もれば山となる。

ともいいますが、小さな業務も溜まれば溜まるほど

時間をとられます。

 

伝票テンプレート機能を使って少しでも

仕訳業務の時短を行い、あなたの本業に割く時間を

少しでも捻出できたら幸いです。

このページのTOPに戻る