クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

まだ売上実績で評価しますか?ベストプラクティスを使った新しい営業評価とは?

100のことbest_practice2

ベストプラクティス(最善の方法)が活用できない理由

あなたの会社の営業部門では

未だに売上実績の棒グラフを壁に貼って

社内競争原理を使って売上を伸ばそうと

してはいないだろうか?

 

え?やってるって。

確かに、社内競争原理自体は業績を上げるのに

効果の高い方法であると考えられます。

graph-1302825_1280

 

しかしながら、現代のように企業が

取扱う商品や競争相手が次々と変わる中で、

売上を指標とした社内競争原理は

本当に有効なのでしょうか?

 

ほとんどの営業は、自分の経験から気が付いた秘訣を

決して社内のメンバーに口外しません。

それは、当たり前ですよね。

メンバーに秘訣を教えた結果、

自分より実績を出してしまったら

自分の評価が下がってしまうからです。

girl-1076998_1280

 

しかしながら、経営者からみると

会社が欲しいアウトプットは会社組織全体の

業績が上がっていくことです。

でも、良かれと思って導入した社内競争原理が

会社の業績を伸び悩ませる結果となっている

現実がここにあります。

 

ベストプラクティスだけを追求する!

では、どの様にすればよいのでしょうか?

平野敦史カール氏は「新・プラットフォーム思考」の中で

以下のように語っています。

 「ベストプラクティスを共有する仕組みを取り入れる」

  競争の仕方が問題であり、チームの士気を下げ、

  全体の業績を下げる競争とは、だれかを蹴落とすために、

  優劣をはっきりとつける競争です。

  チーム全体を活性化させ、業績を高める競争とは、

  ベストプラクティスだけをクローズアップする競争だと

  考えます。

ベストプラクティスを持っている人が

積極的に勉強会を開催して、これが評価され

社内のベストプラクティスが共有される事が

会社の業績向上に繋がると考えます。

best-practice-1078383_1280

 

ALL-INでベストプラクティスを追求

この営業のベストプラクティスに最適なのが

ALL-INの営業支援ツールです。

社内で意見を出し合ったベストプラクティスを

アクションテンプレートとして

登録することができるのです。

部門ごとに複数のテンプレートを作れるので

商品や販売方法ごとにベストプラクティスの

アクションを登録していくことができます。

2017-02-26_16

ALL-INを使ってベストプラクティスだけを

クローズアップする社内競争をしてみませんか!

 

このページのTOPに戻る