クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

BIツールで経営を見える化! 自分専用の経営コックピットを 作りませんか?

BIツールで経営を見える化! 自分専用の経営コックピットを 作りませんか?

 

そもそもBIツールとは?

「BIツール?BIツール!」

あなたの身の回りで話題になっていませんか?

ここ最近注目されている

BIツール(ビジネスインテリジェンス)とは何か?

 

シンプルにお伝えさせていただくと

「経営判断を高速化するためのツール」です。

 

あなたは日々どのように経営の意思判断をしていますか?

「直感」と答える方もいるかもしれません。あるいは

何時間もかけて、色々な数字をかき集め、

Excelでマクロを組んでグラフ化し、

経営判断をしているかもしれません。

 

Excelで経営判断をするのは集計業務が

大変だったりしますよね。

 

BIツールを使っていただくと

Excelでの集計業務、加工業務が無くなり

経営判断に必要な情報が瞬時にあなたの目の前に出てくるでしょう。

 

ALL-INのBIツール、「コックピット」とは?

私たちが開発したBusinessCockpit「ALL-IN」の中にも

BIツールが含まれており、

現在約50個の下記のような経営指標が

「ALL-IN」に搭載しています。

 スクリーンショット 2017-02-24 8.04.31 スクリーンショット 2017-02-24 8.04.47

 

「現預金残高」「リピート率」「売掛金残高」etc

中小企業に必要な経営指標を搭載しており、

 

毎月1〜2個のペースで色々な経営指標が開発されています。

あなたの見たい経営指標も必ずこの中にあるでしょう。

 

Myコックピットで自分だけの経営のコックピットで見える化

 

「これだけ沢山グラフがあると、

どれを見ればいいか迷う、、、」

 

確かに、このように思うかもしれません。

ALL-INにはMyコックピットという機能があります。

 

自分の見たいグラフのみを選択し、

Myコックピットの画面に表示させる機能です。

 スクリーンショット_2016-08-15_14_32_20 スクリーンショット 2017-02-24 8.04.12

 

この機能により、自分確認したいグラフが瞬時に見れます。

まさにあなた専用の「経営のコックピット」なのです。

 

いかがでしたか?

あなたのALL-INのBIツールを使って自分だけの

「経営のコックピット」を作りませんか?

このページのTOPに戻る