クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

Excel管理はもう限界!CRM機能で顧客を一元管理する方法

100のこと素材.002

 

顧客データがバラバラになっている

営業担当者ごとのExcelあるいはスプレッドシートで

顧客情報を管理していませんか?

 

私たちは100社以上の中小企業にALL-INの導入を

行ってきました。

 

導入をお手伝いした企業のほとんどがCRMなどを使わず

Excelなどで顧客管理をしているケーズが多かったです。

 

みなさん口を揃えておっしゃるのが

顧客データバラバラになっている。

 

顧客情報を取り出すだけでも一苦労

お客さんの状態を営業担当に聞かないと全くわからない。

 

顧客情報がバラバラでブラックボックス化されているのが

ほとんどです。

 

クラウドCRMで一元管理

 

確かにExcelやスプレッドシートは柔軟で便利です。

 

ただ、下記に4点には注意するべきでしょう。

  • 柔軟すぎるため独自にデータ管理をしてしまう
  • 運用のルール決めをする必要がある
  • 顧客情報のマスターデータを作らないといけない
  • データが多いと動きが鈍くなる

 

もしかしたらこれらにお悩みの方もいるかもしれませんね。

 

立ち上げの時期やあまり顧客数が多くない場合は

Excelやスプレッドシートで十分ですが

ある程度の顧客数になってくるとCRMを

検討する必要あがるでしょう。

 

CRMをお使いいただくと

  • 顧客の一元管理
  • クラウド上で外出先でも確認ができる
  • データ量が多くても快適に情報共有ができる

などなどのメリットがあります。

 

CRMについての詳しい記事はこちら

CRMの基本を徹底解説!

 

ALL-IN顧客管理が実現する顧客の一元管理

ALL-INにも顧客管理機能があります。一体どんなことができるのか?

シンプルにお伝えさせていただきます。 

 

顧客の一元管理

顧客にまつわる情報を全て一元管理できます。

 

ばらばらになっていたデータベースをALL-IN1つで統合ができます。

 

更にクラウドなので、いつでもどこでもご覧いただけます。

 

また、権限設定などもできますのでセキュリティも安心です。

一元管理.001 

好きなリストが瞬時に作れる

詳細検索機能やタグ検索機能が顧客管理にあります。

 

住所で検索したり、ある特定のタグを付けて検索したりなど

柔軟に検索することができるので瞬時に作りたいリストを作っていただけます。 スクリーンショット 2016-11-16 8.11.22

販売管理・営業支援・会計全てとつながっている

販売管理からある顧客に売上を立てると

販売履歴が自動で残ります。

 

また、営業支援からは日報や顧客に対するアクションした内容が

自動で紐づけされます。

 

つまり、一度入力していただければ

全てにデータが連動します。 ALL-IN概要設計 8:30.001

 

ALL-INは他のCRMだけではカバーできない

会社全体の顧客マスターとしてお使いいただけます。

 

顧客にまつわる情報を一度、入力していいただければ

すべての情報に紐付きます。

 

ALL-INを活用して真の“顧客データ一元管理”を実現しましょう!

 

このページのTOPに戻る