クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

経営者必見。顧客もパートナーも届け先もすべて一元管理できるALL-INの顧客管理

100のこと顧客管理

さまよえる顧客情報

 

顧客管理どうされていますか?

 

お客様をヒアリングすると、よく耳にするのが

 

『エクセルやスプレッドシートに記録しています』

 

という言葉です。

 

しかも、得意先は営業がデータを持っており、

 

仕入業者や届け先は業務担当が持っている。

 

と言う話をよく伺います。

 

あなたの会社は、「あのファイルは誰もってる~?」

 

なんて、言い合ったりしていませんか?

 

ALL-IN『顧客管理』で見込み客を創出

 

All-INの『顧客管理』は法人・個人を問わず、

 

自社に関わる全ての顧客を一元管理できます。

 

データの集約イメージは以下の通りです。

 

スクリーンショット_2016-12-09_10_38_25

 

こんな具合に、All-INでは、顧客を

 

”見込み客” > “顧客” > “リピーター” > “アンバサダー”

 

と育てていく管理ができます。

 

一方、仕入先やパートナーなどの、

 

見込客フォローの必要が無いユーザーは

 

カスタマイズで区分けすることができます。

 

また、代理店などの取引先や届け先顧客については、

 

アクセス権限を使って営業部門には表示させず

 

販売管理・業務部門だけが見えるようにすることもできます。

 

スクリーンショット_2016-12-09_10_46_04

 

 

All-INを使えば、顧客情報が一元管理されますので

 

「あのファイルどこ行ったかな?」

 

なんて聞き合うことは、これで皆無ですね。

 

このページのTOPに戻る