クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

ALL-INで経営レポートの自動化をしよう!売上データ編

100こと

このようなお困りごとはありませんか?

  • 売上データを集計しているがリアルタイムにデータが見れない
  • 集計したデータを元にグラフを作るのが大変
  • 集計データが営業とバックオフィスで違っている
  • 多くの中小企業の会社でみなさん上記のような

お悩みをお伺いするケースが多いです。

販売管理から売上のデータを抽出してそれらを元にExcelで集計。

しかし、営業側の数字とバックオフィス側の数字が違う、

そもそもデータが出てくるのが驚くほど遅い。

それらの集計データをExcelでかなりの労力をかけてグラフ化、

ビジュアル化していると思われます。

 

これらの集計、見える化の業務を格段に便利にしてくれるのが

ALL-INのコックピット機能です。

ALL-INコックピット機能について

スクリーンショット 2016-10-28 10.49.39

 

ALL-INでは販売管理機能が備わっています。

販売管理から売上を立てるとそのデータを元に

ALL-INの「コックピット」機能に自動で抽出されてグラフ化されます。

 

その為下記の業務を行う必要がなくなります。

売上のデータを集める、集計する

それらを元にグラフ化をする

 

今までかなりの時間をかけて行っていた業務だと思います。

ALL-INを使うことによって今まで行っていた集計業務に当てる時間を

別のことに使えるようになるでしょう。より生産的な時間が増えます。

 

売上高年計表

スクリーンショット 2016-10-28 11.01.44

 

ABC分析

スクリーンショット 2016-10-28 11.01.11

 

受注高推移表

スクリーンショット 2016-10-28 10.52.28

その他にもALL-INは色々な経営指標がグラフでリアルタイムに見れます。

ALL-INを有効活用して自社の経営を安定化していきましょう!

 

このページのTOPに戻る