クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

中小企業の業務が一新!入力の二度手間が無いALL-INの機能間データ連携

スライド1

別々なシステムに何度も入力してませんか?

 

あなたの会社の社員は夜に残業をしながら、

 

『あ~。またこれ入力するのか~』 とか

 

『何度も入力させないでほしいよ』

 

とか、言いながら仕事をしていないでしょうか?

 

でも、情報は会社の最も大切な資産の一つであることは明白です。

 

だから、我慢して入力することで、会社が成長する面もあります。

 

ERPに何億円もかけている大企業

 

一方、大企業は1億円以上のコストをかけて、

 

『顧客データベース』、『営業支援システム』、『販売管理システム』、

 

『会計システム』や『人事給与システム』といったシステムを導入します。

 

さらに、数万円もコストをかけてネットワークでつないで

 

バッチ処理で相互連携をはかり、業務を効率化させています。

 

そんな大企業でも、数千、数万の社員がいれば

 

一人あたりの金額は、それ程かかっている事になりません。

 

しかし、中小企業の場合はどうでしょう。

 

まさか、数億円の投資をして業務システムを構築できる訳がありません。

 

たぶんエクセルやスプレッドシートを使っていたり、

 

システムを使っている場合でも、それぞれのシステムから

 

データを出力し、毎月つなぎ合わせて編集している

 

ケースが多いと思います。

 

client-341420_1280

 

それでも、中小企業を助けてくれる、そんなシステムは無いのでしょうか?

 

 あるんです!

 

ALL-INは月額利用料38,000円(3アカウント含む)で

 

『顧客管理(CRM)』、『営業支援(SFA)』、『集客ツール』、

 

『販売管理』、『財務/会計』や『人事給与』といった、

 

経営に必要な全てのシステムを利用できます。

 

それだけでなく全てがつながっているので、

 

入力の二度手間が無くなり、全体の業務が楽になります。

 

2016-12-23_12h08_54

 

 

また、ALL-INに搭載されている『集客ツール』を使えば、

 

自社のホームページのお問合わせへ、お客様が入力したデータが

 

ALL-INの『顧客管理』へ自動的に登録されるので

 

顧客データの入力すら必要が無くなります。

 

2016-12-23_12h33_29

 

ALL-INを使って、あなたの会社の業務を

 

”仕組み化”、”効率化”をしていきましょう。

このページのTOPに戻る