クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

【後編】コックピットを見ながら経営力が上がる!中小企業経営者のためのALL-IN活用方法

100のこと素材.003

 なぜALL-INのコックピットを見ながら経営力が上がるのか?

 

中編の記事で経営力は商品力×営業力×管理力

 

の掛け算で成り立っているとお伝えしました。

 

それではなぜALL-INを使うと経営力が上がるのか?

 

3点に絞ってお伝えします。

 

1.「現状把握ができる」

 

そもそも自社の経営力はどれくらいなんだろう?

 

自社の状態を正確に把握しないと

 

何を意識して取り組めばいいのかわかりません。

 

コンサルタントの仕事は現状把握が8割り

 

あるコンサルタントの先生のお言葉です。

 

経営は色々な活動から成り立っています。

 

顧客を集める活動

 

顧客に販売する活動

 

採用活動

 

社内のお金の管理etc,,,

 

これらの活動をしっかりとモニタリング

 

することが重要です。その為に大手の会社では

 

コンサルティンファームなどを雇い自社の状態を

 

客観的に把握するための情報をまとめて資料にします。

 

ALL-INでは入力していただいた情報を元に

 

自社の状態をグラフで客観的に把握する事ができます。

 

スクリーンショット 2016-10-28 10.49.39

 

今までExcelで何時間、いや、何日もかけて作っていた

 

経営資料がスグにできます。

 

そのためリアルタイムに自社を把握できます。

 

まずは正しい現状認識をすること。

 

それが経営力を高める一歩です。

 

2.「現状把握できることにより最適な次の一手が打てる」

 

ALL-INのコックピットで自社の正確な現状把握ができます。

 

ドラッカーの言葉にこのようなものがあります。

 

現状を把握しなければ、

 

 未来は語れない。

 

正しく現状を把握しなければよい次の一手は打てません。

 

ALL-INはあなたの会社を正しい未来へと導いてくれるでしょう。

 

3.「グラフの意味がわかる」

 

確かに現状認識が大切だとわかる。

 

でも、沢山グラフがあるし、

 

そのグラフの意味がわからない、、

 

経営の勉強もしてる隙がない、、、

 

そんな中小企業経営者のあなたでも大丈夫です!

 

ALL-INは各グラフに見るべきポイントが記載をされています。

 

スクリーンショット 2016-12-06 6.55.45

 

スクリーンショット 2016-10-28 11.01.44 スクリーンショット 2016-10-28 11.01.11 

どんな初心者でも

 

経営ができるようになるでしょう。

 

まとめ

 

経営力は

 

商品力×営業力×管理力で決まる。

 

さらにALL-INであれば

 

自社の状態をリアルタイムに見える化。

 

自社の経営力がまるわかり。

 

正しい現状認識を元に最善の一手を生み出す

 

さらに、ALL-INは誰でも理解できる作りです。

 

ぜひ、中小企業経営者のあなたの右腕として

 

活用してみてください。

このページのTOPに戻る